*近距離恋愛*
   
注:台本なのでセリフばっかりですよ・・・(フリー台本改訂版)
     あと、これ15禁くらいなんで苦手な方はブラウザバック!


 登場人物:ゆうたろう:元気空回りのアホな少年..
        カズアキ:いつも余裕の大人びた少年..




場所:夕暮れの教室

ゆう:(オレは・・・幼なじみのカズアキに告白するため、放課後あいつを呼びだした。)
   (振られるなんて頭にないし、もし上手くいっても何かが変わるなんて思ってもいなかった。)


  SE:教室の戸を開ける音


カズ:「何?」

ゆう:「何って・・・」

カズ:「何か用があるからわざわざ呼び出したんだろ?」

ゆう:「・・・何怒ってんだよ?」

カズ:「家でいくらでも話せるのに、呼び出しされる身にもなれよ、部活なんだぞ(呆れた声で)」

ゆう:(オレとカズアキは家が隣同士の、いわゆる幼馴染ってやつだ。)
    (昔からよくお互いの家で遊んだり、いつでも一緒にいた。)
   
    (近い存在、すぐに手を伸ばせば届くような。)
    (本当に限りなく近い存在だった・・・だから、気付いたときにはもう・・・)


カズ:「で、何?」

ゆう:「えーっと・・・その、家・・・じゃ話とかもあんまり出来ないだろ?」

カズ:「お前、毎日来てんだろ」

ゆう:「真面目な話・・・とか・・・」


ゆう:(ただ、この行き場のない思いを受け止めてほしかったから。)


カズ:「真面目って・・・じゃあ、世界平和について語るか?(からかうように)」

ゆう:「ちゃかすなよ!(怒ったように)」

カズ:「何だよ・・・お前急に(驚いて)」

ゆう:「俺はお前が好きなの!!」

カズ:「・・・『なの』って・・・俺そんなの聞いたことないんだけど」

ゆう:「お・・・俺だって言った事ないんだから当たり前だっ!!」

カズ:「(少し考えて)ふーん・・・どのくらい?」

ゆう:「・・・へ?」

カズ:「俺のこと、どのくらい好きなの?」

ゆう:(どのくらいって言われたって・・・どうやってあらわせばいいんだよ?)

ゆう:「どのくらいって・・・このくらい?」

カズ:「両手であらわすぐらいなわけ?そんなにちっさいんだー(意地悪そうに)」

ゆう:「っ違う!・・・もっと・・・好き(口ごもる)」

カズ:「じゃあさ、見せて」

ゆう:「どう・・・やって?」

カズ:「俺にどんなことしたい・・・とかさ、ないわけ?」

ゆう:「どんなことしたいって・・・別に俺・・・そういうんじゃ・・・」

カズ:「俺が好きって言えば付き合うことになるんだよな?」

ゆう:「えっ?!(驚いて)・・・そーだよな・・・うん」

ゆう:(そこまで考えてなかったぁーーー!!)
   (どうしよう・・・俺とんでもない事いったんじゃ・・・)

カズ:「俺さー、ホモじゃないんだよなー」

ゆう:「・・・っ!!ごっ・・ごめん!!!(焦って)」

カズ:「だからさ、ネコはゆうたろうがすることになるわけだよ」

ゆう:「・・・ネコ?」

カズ:「そっ、ゆうたろうがネコで、俺がタチ」

ゆう:(何だ?こいつ何語、話してるんだよ?!)

カズ:「ゆうたろうさぁ、男同士のセックスってどこ使うか知ってる?」

ゆう:「なっ・・・セ、セックスって・・・」

カズ:「え?知らないわけ?」


ゆう:(オレの背が壁に当たると、すぐ目の前にカズアキの顔があった。)
    (心臓がドキドキうるさくて、息をするのも苦しい・・・目眩がする。)


カズ:「俺に告白するくらいだから下調べくらいはしてるよな?」

ゆう:(知らないって言ったら・・・本気じゃないって思われるかな・・・)

ゆう:「まぁ、一応は・・・知ってるような・・・
知らないような・・・

カズ:「上手に出来たら、俺、ゆうたろうのこと好きになるかもな」

ゆう:「上手にって・・・っ!何すればいいんだよ?!」

カズ:「キスして(吐息混じりに)」


ゆう:(オレにとってのファーストキス・・・カズアキはどうなんだろう?)
   (もっと、もっとこいつのことが知りたい・・・オレのことを・・・好きにさせたい・・・)


カズ:「もっと深く・・・(キスが深くなる)」

ゆう:「・・・んっ(驚く)・・・んーーーーっ?!!」

ゆう:(んなっ?!ちょっ・・・舌入ってっ?!)

ゆう:(何すんだよー?!!・・・でもちょっと気持ちよかったりして・・・)

カズ:「ん・・・」

ゆう:「んぁ・・・ふ・・・っ」


  SE:ベルトの金具を外す音、チャックを下ろす音..


カズ:「ゆうたろう、オレの知ってる限りでは初めてだよな?」

ゆう:「ちょっ・・・どこ触って・・・」

カズ:「どこって?(意地悪そうに)」

ゆう:(どこなんて言えるかーーーーっ!!!(怒って))

ゆう:「・・・ん・・・ふぅ・・・んっ・・・」

カズ:「おい・・・唇噛むなよ」

ゆう:「あっ・・・だって声が・・・誰かに・・・聞かれっ、たら・・・」

カズ:「大丈夫だって」

ゆう:「ふぁっ・・ん
っ・・・もっ、もうっ!!」


  SE: カツッカツッカツッ・・・・(靴音)


カズ:「しっ!」(ゆうたろうの口を手でふさぐ)

ゆう:(ウソ・・・だろ・・・こんな時になんで!!!)

ゆう:んっ・・・んんっ

ゆう:(〜っ!もぅ・・・無理っ!!)

ゆう:「んーーーーっ!!!」



カズ:「イっちゃった(からかうように)」

ゆう:「はぁっ・・・はぁっ・・・(荒い息)」

カズ:「気持ちよかった?」

ゆう:「人っ・・・人がいたのに何てことしてくれるんだよ?!」

カズ:「それは、ゆうたろうが可愛いから悪いんだよ」

ゆう:「なっ!?・・・恥ずかしいの我慢したんだからなっ!!!」
   「これで・・・好きになったか?!」

カズ:「うーん。どうだろ?俺はまだ気持ちよくなってないからな」

ゆう:「うっ・・・」

ゆう:(そう言われてみれば、確かにっ!・・・でも・・・俺そんなこと出来ねーよ・・・)

カズ:「続きは俺ん家で、な?ゆうたろう」

ゆう:「えっ?えぇーーーっ?!」



ゆう:(気持ちは伝えられたけど・・・何か、すげーことになっちゃった気がする・・・)
    ( ・・・っでもっ!俺のこと絶っっ対、好きにさせてやるからな!!)




*END*















広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット