*近距離恋愛2*
   
注:台本なのでセリフばっかりですよ・・・(フリー台本改訂版)
     あと、これ15禁くらいなんで苦手な方はブラウザバック!


 登場人物:ゆうたろう:元気空回りのアホな少年..
        カズアキ:いつも余裕の大人びた少年..




 場所:カズアキの部屋

カズ:「どっちがいい?」

ゆう:「な・・・何が?」

カズ:「コレと、コレ、選んで」


ゆう:(俺がこいつ・・・カズアキに告白してから2日・・・)
   ( 俺が考えてたのと全然違う方向に進んでいるような・・・)


ゆう:「選べって・・・それ・・・」

カズ:「何だ、見たことない?ってオレも初めてだけど」

ゆう:「お前が新作のビデオ見に来いって言ったから俺来たのに・・・」

カズ:「ある意味、新作だろ?これ(笑いながら)」

ゆう:(これって・・・どー見ても男と男のアダルトビデオだろ!)
   (嘘ー・・・そんなの売ってんのかよ・・・)

カズ:「参考になると思ってさ、姉さんに借りたんだよ」

ゆう:「何の参考だよ?!!」

カズ:「そんなことよりさ、選んでよ」

ゆう:「う・・・っ?!ち、近づけるなーっ!!!!」

カズ:「こっちの『桃色学ラン天国』がいい?それともこっちの『イケナイ課外授業』がいい?」

ゆう:「・・・・どっちも嫌だ・・・」

カズ:「お前やり方知らないんだろ?」
    「あの後だってお前が泣くから俺我慢したのにさ」

ゆう:「っ・・!!泣いてないっ!!!!!」

カズ:「(ため息) 泣くなよ」

ゆう:「泣いてないって言ってるだろ!!!!」

ゆう:(オレだって泣きたくなんかないのに・・・お前が悪いんだからな!)

カズ:「ゆうたろう・・・」

ゆう:「何だよ」

カズ:「可愛い・・・」

ゆう:「・・・っ!!馬鹿っ!死ねっ!!」

カズ:「死なないよ、死んだらお前泣くだろ?」

ゆう:「っ・・・?!お前・・・よくそんな恥ずかしいこと・・・」

カズ:「んじゃあ見よっか」

ゆう:「え?」


  SE:カセットをセットする音


ゆう:「やっ・・・やだよ俺っ!!」

カズ:「おっと、逃げるなよ」

ゆう:「うるさいっ!お前の変態趣味になんか付き合えるかっ!」

カズ:「ゆうたろうの為に借りてきたのになー・・・」
    「俺のこと変態とか言うし、しょうがない」

ゆう:「手、離せよ!!!」


(SE) 手錠をかける音


ゆう:「なっ?!何してんだよ?!!」

カズ:「見りゃ分かるだろ?手錠」

ゆう:「お前・・・そんなもんどこで・・・」

カズ:「これも姉さんのなんだけどね」

ゆう:(何なんだ!お前の姉貴ってーーー!!!?)

カズ:「ちなみにコスプレ衣装とかも充実してるから。・・・今度試そうか?」

ゆう:「ぜってぇーお断りだ!!」

カズ:「あ、始まった・・・」

ゆう:(そんなもん、絶対見ないからな・・・っ!)


(SE) 画面から聞こえてくる喘ぎ声


カズ:「この子・・・ゆうたろうに似てる・・・」

ゆう:「うそだろ?!(驚いて)」

ゆう:(ギャーーっ!見ちゃったじゃないかよ?!)

カズ:「な?似てるだろ?(意地悪そうに)」

ゆう:「・・・似てない・・・うわ・・・っ!」

ゆう:(また脱いだ・・・え・・・そんな格好すんのか?!)

カズ:「絶対初めてじゃないよな、これは。パッケージには初体験って書いてあったのになー」

ゆう:「お前・・・何言ってんだ?」

カズ:「ゆうたろうは初めてだから、あんなにはならないと思うけど・・・」
    「ああいうのは慣れだから」

ゆう:「(恐る恐る)・・・慣れ?」

カズ:「そ、慣れ」

ゆう:「・・・・・」

ゆう:(ついて行けない・・・ん?っていうかこの犯ってる方の奴・・・)
   ( カズアキに少し似てる・・・意地悪そうな口とか・・・)

カズ:「どうしたんだ?顔赤いけど・・・」

ゆう:「なんでもない!」

ゆう:(やばい・・・思い始めたらカズアキにしか見えねーよ・・・)

カズ:「さっきオレのこと、変態とか言っといてさ・・・何、大きくしてんの?(からかうように)」

ゆう:「やっ・・・おぃっ!!!」

カズ:「気持ちよくしてやろうか?この前みたいに・・・」

ゆう:「やだっ!触んなよ・・・っ!!!」
    「やっ・・・うぁ・・・っ」

カズ:「そんな顔見せられて、押えられるわけないだろ?」

ゆう:「ん・・・っ!やめっ・・・ろぉっ・・・」

カズ:「ふーん、イきたくないんだ?」

ゆう:(くそーっ!!!そんなわけないだろぉっ!!!)

ゆう:「あっ・・・もぅ・・・っ!!」

カズ:「じゃあ、もうちょっと我慢しようか?」

ゆう:「んっ・・・あ・・・っ(物足りなさそうに)」

ゆう:(うそ・・・このまま・・・)

カズ:「オレ、変態だからちゃんと言ってくれないと、イかせてあげない(意地悪そうに)」

ゆう:「ふぁ・・・や・・・もっ・・・・・・ダメッ!!!!」

カズ:「ちゃんと言って?」

ゆう:(くそーっ!言えばいいんだろ!!言えばっ!!!)

ゆう:「・・・っ・・・かせ・・・て・・・」

カズ:「ん?(聞き返すように)」

ゆう:「もっ・・・イかせて・・・下さ・・・い・・・」

カズ:「よく出来ました♪(ニッコリ笑って)」
   「 じゃあ、もっと気持ちよくしてからイかせてあげるよ・・・」

ゆう:「あっ・・あぁっ・・・んぁ・・・・・・あぁーーーッ!!!!」



ゆう:「ハァ・・・ハァ・・・ッ(乱れた息)」

カズ:「かなり出たな・・・昨日1回イかせてやったのに(笑いながら)」
    「次はちょっとキツイけど・・・すぐ気持ちよくなるから」

ゆう:「へ?(間の抜けた声で)まだ・・・すんのか?!」

カズ:「ゆうたろう感度いいし」

ゆう:「あっ・・・ん・・・って、やめろよ!!!!」

カズ:「はい、うつ伏せになって、そう、あと両膝立てて・・・」

ゆう:「おぃっ!やめろ!!それに・・・いい加減に手っ!はずせよ!!」

カズ:「だって、はずしたら逃げるだろ?」

ゆう:「うっ・・・」

ゆう:(確かに・・・でもっ!こんな恥ずかしいのはもうヤダ・・・)

ゆう:「ちょっ・・・そこはっ!!」

カズ:「ここ、ほぐさないと先に進めないから」

ゆう:「うっ・・・気持ち悪い・・・」

カズ:「指一本で凄い絞めつけだな・・・もう一本入れるぞ・・・」

ゆう:「うぁ・・・っ!!! もうやめ・・・っ!!」

カズ:「泣くなよ」

ゆう:「ひぁっ!・・・くぅ・・・・・いっ、痛い!」

カズ:「泣き声なんて、男の欲あおるだけなんだけど、わかってんのか?」

ゆう:「指っ・・・・動かすなよ・・・っ!!」

カズ:「んー・・・この辺かな?」

ゆう:「ひぁっ?!(驚いて)な・・・・何?!!」

カズ:「ここ?前立腺て言って凄く感じるらしいんだけど」

ゆう:「あっ・・・やめ・・・っ・・・」

カズ:「本当だったんだ」

ゆう:「んっ・・・」

カズ:「その感じてる顔・・・凄くやらしい・・・もう我慢できそうにっ、ない・・・」

ゆう:「やっ・・・何?!」

    「----------いっ!!?痛っーーー!痛いよっ!!」

カズ:「ごめん・・・手加減できないかも・・・」

ゆう:「やっ・・・やだぁっ!!痛いって言ってるのにっ!!!」

カズ:「すぐ気持ちよくなるから、もう少し頑張って」

ゆう:「や・・・だっ・・・苦し・・・」

カズ:「ほら、ゆうたろうのもいじってやるから・・・」

ゆう:「んっ・・・あっ・・・・はぁ・・・っ」

カズ:「気持ちよくなってきた?」

ゆう:「うぁ・・・ちっ・・・違・・・っ!」

カズ:「ゆうたろうの中、熱くて締め付けてくる・・・最高っ・・・」

ゆう:「あっ・・・もぉ・・・ん
っ!!!」

カズ:「んっ・・・」

ゆう:「なぁ・・・カ・・・カズア・・・キ・・・」
   「俺の・・・ことっ・・・・・・・・好き?」

カズ:「好きだよ(ささやくように)」

ゆう:「うんっ・・・うん・・・」
   「あっ・・・はぁ・・・っ!気持・・・ちいいっ・・よ・・・っ」

カズ:「一緒にイこう?」

ゆう:「あっ・・・んぁ・・・やっ・・・もう・・・イ、イク−−−!!!!!!!」

カズ:「くっ・・・」




ゆう:「・・・お前っ・・・ホントなのか?」

カズ:「何が?」

ゆう:「俺の事・・・その・・・好きっ・・・て・・・」

カズ:「好きだよ」

ゆう:「何で・・・最初から言ってくれないんだよ?!!」

ゆう:(そのせいで俺・・・あんなことも・・・こんなこともっ!・・・しちゃったんだからなっ!!!)

カズ:「言っちゃうと、ゆうたろう絶対させてくれないだろ?」

ゆう:「そっ、それは・・・そんなこと・・・ない・・・(気まずそうに)」

カズ:「その顔は嘘ついてる顔だな」
    「小さいときから見てるんだから、俺に嘘はつけないよ」

ゆう:「うるせぇーっ!!!!」
   「お前は嘘ついてただろっっ!!!!」

カズ:「それは・・・焦ったり・・・泣いたりするゆうたろうが可愛くて・・・つい」


(SE) バコッ! ←殴る音


ゆう:(オレ・・・何でこんなやつ好きになったんだろ?)
   (・・・それでも嬉しい・・・なんてこと思ってるなんて絶っっ対、こいつには言えないっ!!)




*END*
















広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット