*近距離恋愛3
(後編)
   
注:台本なのでセリフばっかりですよ・・・(フリー台本改訂版)
     あと、これ15禁くらい(言葉攻め多し)なんで苦手な方はブラウザバック!


 登場人物:ゆうたろう:元気空回りのアホな少年..
        カズアキ:いつも余裕の大人びた少年..

      鈴木:ゆうたろうとカズアキのクラスメイト(セリフ少なめ)
        コンビニ店員:(男でも女でもOKです)




 場所:公園の中

鈴木:「おー!カズアキじゃん」

カズ:「(振り向け)何してんだよ?」

鈴木:「ジョギング、最近運動不足でさー、お前こそ・・・デート?」

カズ:「・・・まぁな」

鈴木:「何だよ、めちゃくちゃ可愛いじゃん!!」
    「お前にはもったい・・・なくもないか―・・・(笑う)」

カズ:「何言ってんだ、お前」

鈴木:「(笑いながら)ゆうたろうが泣くぜ?」

ゆう:(うぇっ!?バレた?!何でここで俺が出てくるんだよ?!)

鈴木:「絶対ゆうたろう、お前のこと好きだぜ?見てりゃわかるもんな〜」
    「それが・・・こんな可愛い彼女作っちゃって」

ゆう:(・・・・俺の気持ちってバレてたのか?!)

鈴木:「真っ赤になっちゃって可愛いねー♪」
    「ゆうたろうって言うこいつの幼馴染には注意しなよ?(笑いながら)」

カズ:「余計なお世話だ(呆れながら)」

鈴木:「あ、やっべ!時間ねえよ・・・ちぇー・・・」

カズ:「早く行けよ」

鈴木:「カズアキくん冷たい・・・(明るく)じゃあ、またな!」


 SE:鈴木が走り去る音


ゆう:「俺って・・・皆からホモだって思われてたのか・・・?」

カズ:「ゆうたろう・・・」

ゆう:「俺・・・明日から学校行けねぇよ・・・(涙声)」

カズ:「泣くなよ・・・俺がいるから」(ゆうたろうを抱きしめる)

ゆう:「・・・こんな格好、嫌だったけど・・・抱きつく時には便利かもな・・・」
    「ハハ・・・俺、ちょっと変かも・・・」

カズ:「俺が守ってやるよ」

ゆう:「・・・守ってくれなんか言ってない」
   「自分の身は自分で守る・・・俺は男だから・・・」

カズ:「うん」

ゆう:「お前・・・お前が、手を離さなきゃいいんだ・・・」

カズ:「うん、分かってるよ」

ゆう:「お前が・・・迷惑なら手、離してもいいけど・・・」

カズ:「バカだな」

ゆう:「バカって言うなよ!」

カズ:「本当にバカだ、お前が何言ったって・・・絶対に離さない」


  (カズアキに手を引かれて歩くゆうたろう)


ゆう:「カズアキ・・・お前、どこに行くんだよ?!」

カズ:「誰にも見えないところ」

ゆう:「何で?」

カズ:「いいからついてきて」


  (ようやくカズアキが立ち止まる)


ゆう:(何か、嫌な予感がする・・・)

カズ:「ゆうたろう、しよっか?」

ゆう:「何を?」

カズ:「スカートって、本当にやりやすいよな」

ゆう:「ちょ・・・っ?!ここどこだと思ってんだよ?!」

カズ:「公園の茂みの中だけど、問題ある?」

ゆう:「アホかっ!!真っ昼間から何しようとしてんだよ?!」

カズ:「ゆうたろうが誘ったんだろ?」

ゆう:「いつ、オレが誘ったんだよ!いつっ・・・!!」

カズ:「さっき」

ゆう:「なっ、何で俺が?!」

カズ:「『この格好なら抱き合ってもいい』って言っただろ?」

ゆう:「言ってねぇ!!」

カズ:「ほら、そこの木に手をついて、膝立ちになって・・・そうそう」
    「お尻、こっちに向けて・・・」

ゆう:「ひゃっ?!いっ・・・いきなりそんなとこ舐めるなよ!!」

カズ:「ちょっと、入り口をほぐしただけで、指が2本も入るなんて・・・」

ゆう:「あっ・・・んぁ・・・」

カズ:「随分と淫乱になったよな」

ゆう:「ひぁっ・・・う、動かすなっ・・・ぁ・・・」

カズ:「後ろだけでイッて」

ゆう:「あっ・・・んゃっ・・・うぁ・・・んんっ!!」

カズ:「ゆうたろう、次は何してほしい?」

ゆう:「はぁっはぁ(乱れた息)・・・もう・・・許して・・・」

カズ:「そんな、可愛いこと言っちゃって・・・今やめたら困るのはお前だぞ?」

ゆう:「やっ・・・もぉ・・・さわんなっ・・・」

ゆう:(駄目だ・・・体が俺のものじゃないみたいに・・・言うことを聞かない・・・)

カズ:「そんなに嫌なら離してやるよ(意地悪そうに)」

ゆう:「あっ(物足りない声で)・・・って、え・・・?」

カズ:「じゃあ、帰ろっか?」

ゆう:「・・・・・(息をのむ)」

カズ:「何?服つかまれたら帰れないんだけど」

ゆう:「お前が・・・(涙声で)」

カズ:「・・・俺が何?」

ゆう:「お前が・・・するから・・・」

カズ:「どうしてほしい?ちゃんと言ったら、気持ちよくしてあげるよ?」

ゆう:「やだ・・・そんな、こと・・・」

カズ:「泣いたら許してもらえると思ってんの?・・・言って(吐息まじりに)」

ゆう:「・・・して・・・くださ・・・ぃ」

カズ:「違うだろ?『ゆうたろうのお尻にカズアキのを入れて下さい』って言ってみな?(意地悪そうに)」

ゆう:「んなっ?!そんなの言えるかよ・・・!!!」

カズ:「好きだよ、ゆうたろう」

ゆう:(こいつ・・・卑怯だ!そんなこと言われたら・・・)

ゆう:「カズアキ・・・のを、いっ・・・入れ・・・入れて・・・くださ・・・ぃ」

かず:「うーん・・・略しすぎだけど」
    「ゆうたろうが可愛すぎて、俺も限界・・・」

ゆう:「限界って・・・・んんっ・・・うぁ!」

カズ:「俺の入ってるの分かる?」

ゆう:「いっ・・・ひゃ・・・ッズア・・・キ・・カズアキ・・・」

カズ:「気持ちいい?(息を乱しながら)」

ゆう:「んっ・・・んっ・・・・気持ち・・い・・・」

カズ:「一緒に・・・」

ゆう:「あっあぁ・・・んっ・・・あぁっ!」
   「もっ、もぉ・・・だめっ!!あっ―――!!!!」



カズ:「はぁ・・・はぁ・・・(乱れた息)」

ゆう:「んっ・・・はぁ・・・・」

カズ:「ふ――っ、いい運動したな」

ゆう:「・・・・・」(無言で見つめる)

カズ:「何だよ?」

ゆう:「お前・・・この後のこと全然考えてないだろ」

カズ:「拭く物ならホラ、ティッシュ持ってるけど?」

ゆう:「俺の中のモンはどーすんだよ?!!」

カズ:「出してあげようか?」

ゆう:「―――っ!!何考えてんだよ!!」
   「 お前!変態すぎるぞ!!!」

カズ:「はいはい」

ゆう:「ちょっ?!待てって!!うあぁ―――――っ!!!!」



  場所:コンビニ


 SE:レジが開く音


店員:「合わせて425円になります」

カズ:「何で俺のおごりなんだよ?」

ゆう:「・・・・」

店員:「有難う御座いました」

カズ:「はい」(ゆうたろうに袋を渡す)

ゆう:「・・・ありがと、あとで金は返す」

カズ:「腰、つらくない?おぶってやろうか?」

ゆう:「うるせ――っ!!!」


SE:ガサガサ袋を開ける音


ゆう:「パクッ」(ミルキーを食べる)
    「うめぇ―――・・・・・(幸せそうに)」

カズ:「俺にも1個ちょうだい」

ゆう:「イ・ヤ・だ! あーぁ、散々な1日だった・・・」

カズ:「あとでそのままもう1回やろうな?」

ゆう:
「絶っっ対やらねぇ―――――っ!!!!!」




*END*
















広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット